コラム

子供用のプログラミング言語スクラッチを学ぶには?

更新日:

プログラミング言語スクラッチとは

スクラッチとはアメリカにあるマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが開発したプログラム言語です。
世界的に最も有名なプログラム言語と言えます。

海外で開発されたプログラム言語ですが、日本語化されており多くの子供向けのプログラム教室で利用されています。
スクラッチは、プログラム教室に行かないと使用できないかというとそうではなく公式サイトからダウンロードできます。

ですのでプログラミング教室に行かなくても本を購入すれば自分で学ぶこともできます。

スクラッチが子供向けの理由

スクラッチは多くの子供向けのプログラミング教室で利用されており、子供にプログラミングを教えるのに適している言語だからです。
なぜ、子供向きかといいますと、操作が至って簡単でブロックを組み合わせるだけでプログラミングができるからです。

子供達が直感で操作ができて遊び感覚で行うことができてプログラミングを覚えることができます。

プログラムを作成するには実際に作ることが一番

プログラムに限らず言えることですが、話ばっかり聞いていると眠たくなるし進捗も思わしくなりません。

プログラミングをやりながらプログラムを覚えるというのはよい方法です。
実際にプログラムを作って動かしてみて思った動きをしなければ、修正を行います。

トライ&エラーを繰り返していくことでプログラミングを覚えていきます。
子供は頭が柔らかいので驚くほど覚えるのが、早いです。

ロボットを制御することで習熟度はさらにアップ

実は、スクラッチを使用してロボットをプログラミングすることができます。
これによって何が異なるかというと、画面上でしか動いてないものがリアルに動きます。

実際に動かすことでトライ&修正をしますので理解度はさらにアップします。

まとめ

実際にプログラミングを学ぶには作ってみることが一番です。
大人と違い子供は理解が早くあっという間にマスターするでしょう。

おすすめは、ロボットプログラミング教室です。
ロボットを作る楽しみもあるし、プログラムもマスターすることができます。

-コラム

Copyright© 京都スタディルームレオロボット教室 , 2019 All Rights Reserved.