ロボット教室とはどのようなものか?

ロボット教室といっても鉄を加工して機械のロボットを作るわけではありません。
数十種類のブロックやモーターに加えて歯車も含めたシンプルなキットからロボットを作ります。

イメージとしてはレゴのブロックをイメージして頂ければいいでしょう。
どのようなブロックを使用するかというのは教室によって異なります。

ブロックは比較的シンプルでプログラミングを重視した教室があったり、プログラミングよりブロックを重視した教室もあります。
教室によって特徴がありますのでしっかりと教室側の話を聞いてみるようにしましょう。

どの教室のロボットもシンプルなブロックから想像がつかないようなロボットが出来上がります。
決してマニュアル通りではなく自分のアイデアも加えて作りますので理解は深まり易いのです。

プログラミングも含まれている

ロボット教室ではただブロックでロボットを作るだけではなくプログラムによって作ったロボットを動かします。
ロボットを動かすためにプログラミングの勉強も行います。

ロボットを動かすためのプログラミング言語はスクラッチという世界的によく使用されている言語を使用しています。
スクラッチは世界的に使われている言語ですが、日本語化されておりプログラムを行ったことがない子供でも使うことができるようなユーザーインターフェイスです。

プログラミングは、2020年に小学校で義務化が決定しており学んでいても損はありません。

全国大会

ロボット教室は、教室で学ぶだけでなく普段の学んだ成果を発揮する場として全国大会が開催されています。
全国大会は、2人または3人で参加するため他のメンバーとも協力して行うということも学べます。

ロボットプログラミング教室で学べるもの

ロボットプログラミング教室で学べるものまとめてみます。
ロボット教室は楽しいのですが、ただ遊んでいるだけでなく学べるものも多くあります。

・ロボットを作るということで想像力が発達します。
・スクラッチでプログラミングすることにより論理的な考え方が身につく。

実際のカリキュラムは

当教室では2年間のカリキュラムで進めます。
一ヶ月の中で一回はテキストに沿って進める基礎編で二回目は基礎編で習得したことを応用する応用編となります。
2年のカリキュラムが終わるとセンサーなどを利用したコースが1年間あります。

当ロボット教室の特徴

当ロボットプログラミング教室の特徴を紹介します。
・当ロボット教室は〇〇〇社の教材を使用して進めます。
〇〇〇社は教育玩具の製造・販売を行っているメーカーでロボット教室数は日本一と言われています。
・教室によって異なるのですが、当教室はロボット製作よりもプログラミングに重点を置いた教室になります。
ですのでロボットの製作に時間が掛かりプログラムをする時間はなくなるということはありません。
・都合で授業に参加できなかった場合は、別の日に振替をすることが可能です。
・時間はたっぷりと120分、他のロボット教室は90分のところが多いのですが、それでは時間が不足するので長めの時間となっています。

何歳からロボット教室に通うことが可能?

プログラミングが含まれるコースの場合マウスがクリックできないといけませんので8歳以上の年齢となりますが、プログラミングを含まないコースであれば小学校低学年から可能となってます。

体験授業

ロボット教室に通う場合、必要な費用は教室によって異なりますが月々の月謝に加えて入会金とロボットの教材代金が必要になります。
そうすると数万円の出費が必要になってきます。

親としては通うとなれば仕方がないと思いますが、継続して通うか否かわからない状態で数万円の出費はしたくありません。
実際に申し込む前に体験を可能なコースを設けています。

体験授業では、当然ながら教材を購入する必要はないので格安で体験することが可能です。
ですが、体験をして頂くことで実際の授業に準じた内容を体験することができます。