コラム

京都でレゴのロボットプログラミングを学ぶには

投稿日:

レゴというブランド

レゴというと誰もが知っているほど有名です。
ロボット教室の中ではヒューマン・アーテックが有名ですが、知名度としてはその比ではありません。
レゴジャパンというアミューズメントパークも大阪・名古屋にあり誰もが知っています。
そんなレゴのロボット教室があれば誰もが行きたいと思うでしょう。

マインドストームは個人でも購入可能

レゴを教材として使用している教室はマインドストームというものを使用しています。
この教材は5万以上もする高価なものですが、実はネットで購入することは可能となっています。
ですのでロボット教室に通わなくてもマインドストームを使ってロボットを作れることになります。
ロボットを制御するためのプログラミング言語もいろいろあり自由に選ぶことができます。
しかし、カリキュラムもないしなかなか自力ではできないのが実際のことです。

レゴの大会

レゴのロボット教室に通うとレゴが開催している大会に参加することができます。
WROという大会があり日頃の腕試しをすることができます。
どのロボット教室にも大会はありますが、レゴの場合は規模が大きくなります。

京都にも本家レゴスクールあり

レゴスクールは全国にありますが、京都にも1店舗あります。
レゴが直営しているのではなく他のロボット教室と同様に学習塾がFCとして教えています。
カリキュラムをレゴが提供していることになります。

烏丸御池から徒歩5分にある進学館という学習塾です。
絶対に本家のものを学びたいというのであればここにいくしかないでしょう。

マインドストームやWedoのロボットだけでなくブロックを使ったカリキュラムも用意されています。

本家以外の教室

実はレゴの教材を使用したロボット教室は本家のレゴでなくても学ぶことが可能となっています。
ヒューマン・アーテックは探せば教室がいくつも見つけられますが、レゴの教室は数少ないためあまり知られていません。

京都で本家以外にレゴの教材を使っているのはロボ団というロボット教室です。
京都には3店舗しかありませんが、全国展開している教室でレゴ系の教室としては最大クラスになります。

ロボ団の特徴は
・3時間の授業
・女の子向けのロボットもあり
・レゴ本家とはカリキュラムが異なります。

京都のロボ団はすべて寺子屋ロボというところの運営です。
 ・京都府醍醐校(京都市伏見区醍醐東大路町)
 ・京都府法華寺校(京都市上京区下堅町153)
 ・京都府大泉寺校(京都市上京区森乃木町468)

興味があれば体験に行ってみるといいでしょう。
ロボ団の体験は無料ではなく有料となっています。

どちらを選ぶか?

レゴ本家がよくて他が悪いということは全然ありません。
何を基準にして選択するか・・ということです。

どうしても本家がいいという考えもありですし、ロボ団が素晴らしいというもありと思います。
どちらも「レゴ」という条件は満たしているので通い易さというのが無難かもしれません。

2つとも体験を受けてみていいほうを選んでもいいでしょう。

本家はマインドストームを購入しないといけないので購入がないロボ団にするのもいいでしょう。
ロボットを購入すると最初に10万クラスの出費があります。

-コラム

Copyright© 京都スタディルームレオロボット教室・西院・亀岡店 , 2019 All Rights Reserved.