コラム

子供が夢中になる習い事とは?

更新日:

定番の習い事

子供がある程度の年齢になると親は習い事をさせたいと思うようになります。
どんな習い事をさせたいかは親によって考え方が違います。

もっとも多いのが、「親が自分でやっていた」というものです。
自分がやっていたので子供にもさせて自分と同じところを目指してもらいたいということです。

親子で話をするネタの1つにもなります。

高校野球でプロ野球選手の子供が出場したりすると〇〇二世ということで注目を集めます。
子供にとってはプレッシャーでしかないかもしれませんが。

こういうのはスポーツ系の習い事に多いです。

そうではない場合というのは定番の習い事から選んだりするのではないでしょうか?

定番の習い事というのは何かというとスポーツ系では
・野球
・サッカー
・武道系(空手・柔道・剣道・少林寺拳法)
・水泳

野球は競技人口の減少が言われる中まだまだ根強い人気があるスポーツです。
サッカーはあちこちにチームがあります。

武道系に関しては強くなるというよりも礼儀作法を学ばせたい親が多いのでしょう。
水泳は全身運動で身体が強くなるので通わせる親も多いでしょう。

一方、文化系で定番の習い事というと
・習字
・そろばん
・ピアノ
・英会話

習字やそろばんに関しては昔に比べて減ってきていますが、まだまだ健在です。
ピアノは女の子に多い習い事です。
英会話は小学校に英語の授業が導入された際には多くの子供が英会話教室にいったとの言われるので人気の習い事です。

子供が習い事を継続するためには

子供に習い事をさせる親にもいろいろな悩みがありますが、悩みの中で大きいものに「習い事を辞めたい」というものがあります。

理由はいろいろあります。
スポーツ系の野球やサッカーであれば「レギュラーになれない」「練習がしんどい」というものがあります。
また、武道系や水泳に関しても「昇級しない」「強くなれない」というものがあります。

これをどうするかは親の考え方にもよるので一概には言えない部分でもあります。
スポーツをさせる以上はこういうことにも耐えれるような強い子供になってほしいと思う親が多いのは事実です。

一方、文科系の習い事は少し事情が違うことが多いのです。
元々は習い事に興味があって習っていることが多いので「辞めたい」というのは興味が無くなっていることが多いのです。

興味がなくなっていやいや通っていると上達もせずにさらに嫌になって辞めてしまいます。

好きこそ上達の第一歩

スポーツ系にしても文科系にしても好きこそ上達の第一歩と言う部分があります。
好きだから集中してやるし、練習もよくするので上達も早いということです。

今まで定番と言われる習い事を例にして書いてきましたが、ここで最近流行の新しい習い事を紹介します。
「ロボット教室」という習い事です。

ロボット教室といきなり言われても知らない人がほとんどではないかと思います。
ロボット教室はレゴで使うようなブロックを使ってロボットを作るという教室です。

モーターやセンターも使うので物を動かすための機構を学ぶことができます。
それとほとんどのロボット教室ではプログラムもあわせて学ぶのでプログラミングも勉強できます。

実際に作ったロボットをプログラミングで動かすことでトライ&エラーを繰り返し問題解決力もつきます。

何といってもすごいのが子供たちの集中力です。
継続率が非常に高く子供たちが夢中になってやります。

もちろん楽しいから夢中になってするのですが、夢中になってすることで成果も早くでることになります。
これぞ好き者こそ上達の第一歩と言えます。

スポーツ系の習い事をしている子供はそちらを一生懸命やるべきでしょうけど文科系の習い事をしている子供は通う習い事の候補にしてもいいのではないでしょうか?

京都でおすすめのロボット教室は>>スタディルームレオロボット教室<<です。

-コラム

Copyright© 京都スタディルームレオロボット教室・西院・亀岡店 , 2019 All Rights Reserved.