店舗情報

スクラッチ&レゴロボット(wedo2.0)プログラミングコース

更新日:

プログラミングコース概要と特徴


2020年からプログラミング必須化ということで注目されている小学生のプログラミングですが、マサチューセッツ工科大学が開発したスクラッチを使用した講座を開講します。

授業の中ではスクラッチを使用してゲームを作ることにより論理的思考を身につけていきます。
また、パソコン上で動くだけでなく実際に動くレゴもプログラミングすることでさらに理解を高めます。

画面上でも自分の行ったプログラミングが正しいかわかりますが、ロボットを使うことによりさらに明確になります。

スクラッチプログラミング

このスクラッチは子供向けのプログラミング言語としては定番中の定番とされています。
難しい記述なしにパーツを組み合わせることでプログラムを作っていきます。

小学生に求められているプログラミングというのは難しいコードを書くことではありません。

まず、スクラッチの基本的なことを学びます。
映像ではなくテキストによる授業となります。

現在、準備しているテキストは以下のものとなります。

テキスト

・プログラミング入門 スクラッチの基本操作
・プログラミング入門 ピンポンゲーム
・プログラミング入門 ブロック崩し
・プログラミング入門 インベーダーゲーム
・プログラミング入門 スーパーキャッツ 1
・プログラミング入門 スーパーキャッツ 2
・プログラミング入門 自動車ゲーム 1
・プログラミング入門 自動車ゲーム 2
・プログラミング入門 倉庫番

他の教室で実績のあるテキストになります。
当教室でもテキストは開発していく予定をしているので順次追加する予定です。

こちらはスクラッチ1.4のオフラインエディタを使用します。

子供達が大好きなゲームを作ってスクラッチを学んで行くことになります。

レゴロボット(wedo2.0)プログラミング

こちらはレゴロボットwedo2.0を使用してプログラミングを学びます。
こちらは画面上だけでプログラミングをするだけでなく実際にロボットを動かすことでよりプログラミングを理解することを目標としています。

レゴでプログラミングが可能な機種は、ev3、wedo2.0、ブーストと3種あります。
この中でも最も低学年向けのものになりますが、組立は簡単でプログラミングを重視するためこれで充分と考えます。

位置づけとしてはサブ的なものになります。
プログラミングを学ぶ中での取り組みとなります。

プログラミングはレゴのアプリを使用するのではなくスクラッチを使用します。
ロボットプログラミングコースとの違いとしてはこちらはあくまで「プログラミングがメイン」ということになります。

プログラミングコース申し込み後はたっぷりとスクラッチのプログラミングを学びます。
レゴでやっている内容になります。

テキスト

・光るカタツムリ
・せんぷうき
・動くじんこうえいせい
・スパイロボット
などです。

こちらはスクラッチ2.0のオフラインエディタを使用します。

開講店舗・授業料など

開講店舗

西院店・亀岡店の両店舗で開講します。

対象年齢

小学校2~6年生となります。

座標が出てくるので2年生でもお子様によっては少し難しい場合があります。
もしこれ以下の年齢で受講を希望される場合はお問い合わせ下さい。

登録料

これは各コース共通となります。
5500円(税込)

既にロボットプログラミングを利用中のお客様は必要ありません。

授業時間と授業料

授業の時間は60分を月に2回の授業となります。

実際の開講日は各店舗のページをご参照下さい。
授業料は6000円(税込)です。

レゴロボットのwedo2.0は購入する必要はありません。
ロボットコースと同様にレンタルとなっています。

プログラミングを行うためのパソコンもこちらで準備します。

開催日時は各店舗をご参照下さい。
(人数が少ない間はロボットと合同授業になります)

西院店はこちら
亀岡店はこちら

プログラミング体験会

プログラミングコースもロボットと同様に体験会を行っています。
体験会に参加すれば実際の授業でどのような授業を行うかがわかります。

スクラッチの基本的なことを行い、簡単なゲームを作ります。
今のところ体験ではレゴwedo2.0を使用する予定はありません。

興味のある人は一度、体験会にお越しください。

西院店のスクラッチ体験はこちら
亀岡店のスクラッチ体験はこちら

-店舗情報

Copyright© 京都スタディルームレオロボット教室 , 2019 All Rights Reserved.