コラム

ロボット教室に割引で安く入会する方法とは?

更新日:

やっぱり割高感があるロボット教室

子供達には人気抜群のロボット教室ですが月謝を支払う親にとっては月謝が高いというイメージがあります。

月謝は教室によって違うのですが、よくあるヒューマンやアーテックは月に2回で月謝が1万が平均的な金額です。
毎週でなく隔週で1万も掛かるのです。他の習い事と比較すると倍ぐらいする感覚があります。

それに加えてロボットの教材を購入しないといけません。
入会金や登録料があったりするので初回に支払う金額は
1万(入会金)+2万(授業料2ヶ月)+3万(教材代)=6万

なんと6万円となってしまいます。
お金持ちの子供しか通えないと思うかもしれません。

子供がいくらやりたいと言っても高いと感じる親御さんには躊躇してしまいます。
親としてはもう少し安かったらなあなどと思ってしまいます。

ロボット教室に安く入会する方法とは!

他の習い事と比較して割高感があるロボット教室ですが、もし子供を入会させるのであれば少しでも安くに入会させたいものです。

オーナーと知り合いとか以外に安くするほうほうはありません。
ロボット教室を探して見れば、教材を購入しなくてもいい教室もあるかもしれません。
ただ、教材を買う必要がない教室が近いとは限らないので最終的に得かはわかりません。

ロボットの教材を購入する必要がない教室は、教室側がロボットを購入しているのでレンタル費が掛かったり授業料が割増しになったりしています。

ロボット教室に割安で通う方法はないわけではありません。
もちろん裏ワザではなく正攻法な方法です。

ロボット教室に安く入会する方法とは、体験授業に参加することです。
「〇〇期募集」というようにして大々的に体験の生徒を募集する場合は必ずといっていいほど割引があります。

今月中であれば、入会金半額とか月謝5000円割引とかです。
ロボット教室は、継続率が高いので少しぐらい割引をしても入会してくれたほうがいいと教室側は考えています。

体験授業にデメリットはあるの?

では、ロボット教室の体験授業に参加することにデメリットがないかを考えてみます。

ロボット教室の体験授業というのはデメリットはありません。
ほとんどの教室が無料または小額のお金で体験できます。
ですので、金銭的な負担はありません。

実際に体験授業に参加することで入会したらどのような感じなのかわかります。
もし、実際に体験をして思った内容と違っていれば入会しなければいいのです。

思った通りの内容であれば少し安くで入会できたりします。

唯一、デメリットがあるとすれば体験授業の最後に教室の案内の説明を聞くことです。
教室側もボランティアでやっているわけではなく入会のためにやっているので仕方がないことです。

きちんと聞いてあげるようにしましょう。
しつこい勧誘はありませんので安心して下さい。

体験授業の後に「入会の判断」が必要になるので子供だけの参加はできませんので注意をして下さい。

割引が目的で体験をしたいのであれば、近くの教室で体験授業をやっていない可能性があります。
問い合わせをすれば、体験授業はやってくれるかもしれませんが、大々的な募集でない場合は割引がないことがあります。

一定数の生徒はいるので割引をしてまでも入会してもらう必要はないのでしょう。

割引が目的であれば、学年の変わり目の3月や夏休み後の9月を狙うといいでしょう。
大抵のロボット教室が半年とか1年のカリキュラムがあるので区切りで体験授業を大々的にやって生徒を集めます。

狙いはそこです。

子供はそこまで待てないというかもしれません、その場合は正規の金額での入会となります。

まとめ

子供達には人気のあるロボット教室ですが、親にとっては高い習い事です。
お金を出す側の親にとっては少しでも安くしたいものです。

ロボット教室の体験授業に参加することで少し安くロボット教室に参加できるかもしれません。

確かにお金は掛かりますが、少し頑張って子供が夢中になるロボット教室に通わせてもいいのではないでしょうか?

-コラム

Copyright© 京都スタディルームレオロボット教室 , 2019 All Rights Reserved.